神田SOHO

外部階段や非難バルコニーなど設けなければいけない設備を除くと使えるスペースはごくわずか、小さなスペースも全てテナントの一部として使い倒すことで狭小敷地でのSOHOの新しい形を模索しています。
内側に構造体をまとめ、その外側にバルコニーから外部階段まで連続する窓辺の空間をつくっています。この空間は下から見ると立ち上がりの壁にけられて内部をうかがい知ることができないようプライバシーにも配慮しています。
構造を内側にまとめることで、外部階段や非難バルコニーも全て取り込んで、外周の窓辺空間をつくっています。